ビフィズス菌にいい時間

サプリとメジャー

食事や朝晩の差を知る

食べ物を食べると、咀嚼を経て胃に向かいます。胃では胃酸によって消化され、それが腸に送り込まれて吸収されます。胃酸は非常に強いので、硬いものなどもある程度消化してしまうとされています。ダイエットのためにビフィズス菌サプリを摂取することがあるでしょうが、この時に食前と食後、又は食べている間のいつ食べればよいかです。これは、ビフィズス菌の性質を知ればわかります。ビフィズス菌などの菌は、胃酸にあまり強くありません。そのため、胃酸が強い状態で摂取すると、そこで効果を失う可能性があります。ビフィズス菌サプリを飲むタイミングとしては、食前よりも食後の方が良いでしょう。食後なら胃酸の力が弱まるので、生きたまま腸に届けることができます。ビフィズス菌が良く入っている食品としてヨーグルトがあります。ヨーグルトといえば朝食として食べることが多いかもしれません。ですから、ビフィズス菌サプリも朝に食べた方がいいと考える場合があります。朝と夜とではどちらの方が良いかです。考え方にはいくつかあるので一概には言えません。どちらも摂取できるならどちらも食べると良いでしょう。ただ、朝か晩にしか食べられないのであれば、ビフィズス菌サプリは寝る前に食べる方が良いかもしれません。つまりは夕食後などに食べます。寝ている間に腸まで届き、翌朝の便通にいい影響を与えてくれます。そのことから晩の方が良いとされます。寝る直前ではなく、寝る数時間前に食べ終えるようにしましょう。